2012年10月11日

ボイスサンプル3 バラエティ

所属サークル「こえいろ」で製作したボイスサンプルです。
文章原案「流」

青年(高)


勇者系(中)


青年2(高)


魔王(低)


青年(低)


2次元が恋人(他)


ばーちゃん(ばーちゃん)

posted by kuga at 20:57| Comment(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

ボイスサンプル2

高-中-低の順番です。
ご参考にどうぞ。
なお、台詞はN的声題様からお借りしています。(タイトルはそのままです)



●ナンパ系

「どうされました、美しい方。ええ、貴女のことです。何か悩み事がおありなのですね?そのように眉を寄せて睨んでいると、せっかくの可愛らしいお顔が台無しですよ?よければ私にお聞かせ下さい、怒りはぶつけてしまうのが一番ですよ。そうして、心安らかになった後、ほんの少し貴女の時間をいただけたらと思うのですが……え?恋人が戻ってきたのに私が邪魔。……え−……おやあなたが恋人さんですかはっはっは……こ、これは失礼」


●若

「若。どうか、あなただけはお逃げ下さいませ……あなたはこの国に残された唯一の光。例え今は力及ばなくとも、必ずまた時代があなたを必要とします。だから、どうかそんなに泣かないで……、いつものように、笑って……、そしてあなたを置いて逝く私を、おしかり……ください、ませ……」


中(地声)
●プリン

「食ったな!おまえ食っただろ!!言い逃れなんてできないぞ!おまえのその口についている黄色い物体はなんだ!俺は知ってる。知ってるぞ!それはプリンだ!俺が昨日から食べるのをずっとずーっと楽しみにしていた、隣駅でしか売ってない冬季限定とろけるプリン!!許さない……絶対に許さない!!!俺はおまえを、ゆるさなーーい!!!」


●楽(宿屋の主人?)

「いらっしゃーい。ああ、お客さん?食事?それとも泊まり?はいはい、ちょっと待ってね。えーと、あいてる部屋は…あちゃー相部屋になっちゃうんだけど……いいよね。いいでしょ?だって相手、すっごーーく色っぽい美人なエルフの……あ、鍵?はいは〜い、こちらで〜す」

●ラスボス

「……、あれ……?あの、あのさ……、ラスボスの弱点って何だっけ……。え、おまえも聞いてただろ?さっきの町でさ、ほら!聞いたよな弱点?な、何だっけ?な、なぁ、誰か覚えてるだろ…?え、お前が覚えてろって?そ、そうは言ってもさ、も、もう目の前にいるよ、最後の敵ーーー!!!」



●ミステリアス

「月がこんな風に笑う夜は、決まってよくないことが起こるんだ。月の声に星も押し黙り、雲も怯えて隠れてしまう。ほら、君にも聞こえるだろう?…僕かい?僕は月の歌を紡ぐ者。この世でたった一人僕だけが、月の歌を愛でるのさ」

posted by kuga at 23:58| Comment(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

ボイスサンプル

こちらにはボイスサンプルをアップしています。

声質は【高→普通→低】の順番で掲載しています。

台詞元は、久我が参加しているボイスドラマ「New World(NW)」を中心に、原作者月野智様の各小説から許可を得てお借りしています。
その他の作品タイトルはサンプルボイスに記載しております。
こういう台詞が欲しい、という方は対応させて戴きますので遠慮無く申しつけ下さい。
※台詞に作中の用語などが出てきますが、解説は省かせていただきます。



【声質・高め】

○NW・トーマ・ワーズロック

「毎度〜ギャラクシアン・バート商会で〜〜す!ご依頼の品、お届けに上がりました〜・・・・ってわおぉ〜・・・なんか、物騒なカッコした女の子ばっかり・・・」


○NW・トーマ・ワーズロック

「かもな。ランボルト中核連合は惑星リリーシアの所属、ウルベスタ聖戦旅団は惑星デルパトラの所属、喧嘩するぐらいなら、仲良く半分コしましょってことにすりゃいいのにな(笑)」


○「現世奇譚花に成る!」南條晴茂

「ヘタレって言うな!・・・わかってるってば!で、でもさ…あんな所にあんな顔でいられたらさ…ち、近付けない…うわぁ・・・ほんとに、性格のまんまの荒業で(ため息)・・・じゃ、いきますか・・・【滅界(めっかい)】!!」


○「オレンジの雫」ジェレミア

「(せつなそうに)…あなたが望むなら…いつかあなたを幸せにできるだけの全てを持って…あなたを迎えにきます…。それまで、待っていてくれますか?」



【声質・普通】

○新宿カタルシスソルジャース・戒

「へぇ…僕の大事なねーさんに、悪趣味な花束とかぁ〜バックとかぁ〜指輪とかぁ〜つまんないもんばっか送り付けてきてたの、時田さんだったんだぁ〜?僕のことはぁ、なぁ〜んにも言わないでちょーだいね…言ったら殺すよ」


○神在(いず)る大陸の物語〜月闇の戦記〜・ナレーション

「(神在(いず)る大陸、シァル・ユリジアン。その大大陸(だいたいりく)の北西に位置する小国、カシタ―シュ公国。四方を高き山脈に囲まれたその公国は、かつて、大陸最大の大国にして隣国である、大大リタ・メタリカ王国の属領であったという。それは、風雪と氷に閉ざされる厳寒の冬が、その小さな公国に差し迫っていた時のこと)


○神在(いず)る大陸の物語〜月闇の戦記〜・ラグナ

「それはどうかな?よもや・・・全てを焼き尽くし破壊する快楽を、忘れたとは言わせない・・・」


○神在(いず)る大陸の物語〜月闇の戦記〜・ラグナ

「そなたはうつけだ・・・・闇に惹かれるその心を、そなたとて気付かぬ訳ではなかろう?アランデューク、そなたのこの名が・・・何を意味するものなのか、忘れた訳ではあるまい?そなたとて・・・・私と同じ、闇の魔物・・・・・・・素直に受け入れるがいい・・・・さすれば楽になれる」


○神在る大陸の物語〜蒼風の戦記〜・ジーク・スカイヤー
「私も申し上げたはずだ・・・これでも存外お節介な性分であると・・・・それで、いかがするおつもりか?この私を、このままここでお討ちになられるか?」



【声質・低め・青年系】

○NW・07

「この人間は、俺に、名前を与えようとしてるのか?番号ではなく、人の名前を・・・・これは・・・この気持ちは、何だ?俺は・・・・嬉しいと、感じているのか・・・・?」


○NW・07

「おまえの護衛を勤めろと、そう命令を受けた」


○MAD CITY RAPSIDY・トキオ・キャンベル

「・・・・よくできたスクラップだな・・・紅龍(ホンロン)、まだ時間はあるか? (ためいき)言われなくてもわかってるよ、課長が、例のヒステリーを起こすって言いたいんだろ?ただ・・・(嫌味に)あのスクラップに帰るのが、何とも嬉しくてね」



【番外・etc】

○ご老人

posted by kuga at 23:36| ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

お年寄り特集

爺さん


爺さん2


婆さん


婆さん2

婆さん3

ネタ元
N的声題
posted by kuga at 23:33| Comment(2) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。